為替相場を動かす要素

FXの取引きや、通貨を銘柄にしたバイナリーオプションでは、通貨の売買取引を行っている為替相場の変動を投資に利用しています。

為替相場は、外国為替市場にて日本時間の月曜早朝から土曜早朝までの間、つねに変動をし続けいます。
この為替相場の変動を促している要素とは、いったい何なのでしょうか。

まず基本的に、通貨もそのほかの商品と同じように、需要と供給の原則にて売買が行なわれています。
簡単に言えば、皆がほしいと思う人気のある通貨は、買われていくことになり、品薄になることでその価値が高くなり、価格も上昇します。
逆に、皆が嫌う通貨は売れれていくことになり、品余りになることでその価値が低くなり、価格も下降します。

市場で求めるられる通貨であるかどうか、市場で嫌われる通貨であるかどうか、これが為替相場のレート変動の基本になります。
ではこの通貨の人気の差は、どこから生まれていくのでしょうか。

実は、これには様々な要素が絡むのですが、最も基本的なことは、その通貨を発行している国や地域の経済状況や政治動向が大きくかかわってくるという事です。

例えば、その国の経済が安定していて、高い金利を設定しており、政治の動向にも不安要素がないような状態であれば、その国の通貨を保持しておくことで、金利や価値の上昇が見込まれ、また、価値が下がる要素が少ないために、人気が出るでしょう。

逆に、経済が不安定で緊急処置などを繰り返しておき、通貨の設定金利も低く、国民から多く不満が出ていて政治動向にも影があるような状態であれば、その国の通貨は手放すべきだろうと多くの投資家が考え、人気が鳴るなることと思います。

このように通貨の人気を左右するものには、その国の状況が大きく作用します。
政策金利の設定、失業者数、物価指数、貿易収支などの経済指標の内容、またこれ以外にも、近隣諸国との関係性や、連携国との対応、このほかにも地震や台風といった自然災害の影響であったり、テロ行為や戦争なども大きくその国に影響を与えるため、通貨の人気にも大きく影響を及ぼすのです。

さらに、これらを考えに乗せたうえで通貨を売買している世界中の投資家の動向や心理なども考えていく必要があり、また通貨の売買取引では、その通貨単体の相場はもちろんの事、売買取引をする通貨のペア間での為替相場が実際の取引きで重要となってくるために、取引きする通貨間の為替レートに注視する必要があるのです。

例えば、過去にも状況的に円高方向に進むはずだった日本の円が、圧倒的な量を売られ続けることで円安に移行してしまったという事がありました。
これは、金利の安い円で金利の高い通貨を買ってその金利差を得ようというキャリートレードによるもので、世界中の投資家がこの円を使ったキャリートレードを行ったために、状況とは逆の為替相場になったという例もあるのです。